社会人から助産師になるには?

MENU

社会人から助産師になるには?

社会人から助産師になるためには社会人の方で学歴は気にしないというのであれば、国立病院機構の付属の看護学校に行くことをおすすめしています。この国立病院機構の付属の看護学校は私立の看護学校よりも料金が安い傾向があります。

 

基本的に国立病院機構の付属の看護学校は年間60万くらいくらいの学費がかかりますので、決して安い学費ではないので、社会人のときからしっかりと200万円近い学費をしっかりと貯めておく必要があります。

 

そしてそこの国立病院機構の付属の看護学校の3年間通って看護師の資格を取得してからさらに助産師の学校に行って助産師の資格を取得することができます。この資格を取得してから産科などに就職することができます。

 

社会人から助産師になるには年齢制限があるのではないか?と疑問や不安を抱えている人もいるかと思いますが、助産師になるには年齢制限はありませんので、社会人からでも助産師になれるのです。

 

このように社会人から助産師になるには国立病院機構の付属の看護学校に行くことをおすすめしていますので、まずは国立病院機構の付属の看護学校に行くようにしましょう。

社会人から助産師になるには?関連ページ

助産師になったきっかけ