助産師とはどんな職業か

MENU

助産師とはどんな職業か

出産を経験したことがある女性であれば何となく想像がつくと思いますが、助産師というのはどのような職業になるのでしょうか。助産師の役割というのは女性が妊娠してから出産、育児を行うにあたり、妊婦・経産婦・新生児の体調管理から精神面のサポートなど、出産にまつわるさまざまなサポートを行う職業になっています。

 

助産院を開業することが可能であるために、助産師が運営している助産院が街中にあるのを見かけたことがあるという方もいると思います!

 

実は助産師の仕事はこの出産にかかわることだけではありません。子どもたちに生命が誕生するということを教えることや、家族計画などに関する相談などに乗るということも助産師の重要な役割になっています。保育園や幼稚園、小学校をはじめ、さらに上位になる中学校や高校などに出向いて命の教育などを行うのも助産師が担っている役割の一つになっています。

 

その年齢層にあった知識を伝える仕事を行っている助産師も数多くいます。助産師はその役割から法律上でも医療従事者の中では唯一女性のみが付くことができる職業でもあります。

助産師とはどんな職業か記事一覧

 

助産師になったきっかけは色々ありますが、多くは、生命の誕生に立ち会えることの喜びに遭遇できるということで、助産師になる人が多いです。助産師への憧れを持つ人は多く、『専門知識を持つことで、不安で一杯の妊婦さんに安心を与えながら出産する手助けができるというのは、大きな喜び』です。同じ女性として人生の一大イベントとの出産の手伝いが出来るというのはとてもステキなことで、助産師を目指す人は少なくありません。...

 
 

社会人から助産師になるためには社会人の方で学歴は気にしないというのであれば、国立病院機構の付属の看護学校に行くことをおすすめしています。この国立病院機構の付属の看護学校は私立の看護学校よりも料金が安い傾向があります。基本的に国立病院機構の付属の看護学校は年間60万くらいくらいの学費がかかりますので、決して安い学費ではないので、社会人のときからしっかりと200万円近い学費をしっかりと貯めておく必要が...