自治体勤務の行政保健師の仕事

MENU

自治体勤務の行政保健師の仕事

地方自治体勤務の行政保健師の仕事とは具体的にはどのようなものがあるのでしょうか。地方自治体でも、都道府県の保健師と市区町村の保健師とでは仕事内容がかなり変わってきます。まず都道府県で働く行政保健師の場合には広域的な業務を行っていくことになります。

 

要な仕事の一つとしては防疫があります!

 

とくに新型の病原体に対しての危機管理では、他の都道府県や市区町村の保健師や医療機関と連携をとって対応策をとることが必要です。さらに、障がい者福祉や難病患者への保健サービスなどを担当します。市区町村の保健師は直接的に住民に密着した仕事がメインになってきます。

 

新生児のいる家を訪問したり、高齢者のいる家に訪問をするといった訪問事業や、保健所や市区町村の保健センターでの健康相談や健康診断なども保健師の仕事になります。乳幼児を抱えている母親たちからの育児相談などを受けるのも市区町村の行政保健師の仕事になります。地域の社会福祉の中でも、健康管理や衛生管理の中心となるのが市区町村の行政保健師の仕事になります。中には公立の学校の養護教諭として働くこともあります。